えッ…6粒で500kcal!? 「お正月料理でついた脂肪」を落とすエクササイズ

shutterstock_71832943
source:https://www.shutterstock.com/

年末年始、美味しいお正月料理をたっぷりと堪能した方も多いと思いますが、おせちなど意外に塩分や糖分が高く、気にせず食べているとかなりのカロリーオーバーになっていることも……。

今日はお正月に摂取した高カロリー料理の数々と、食べ過ぎたママにおすすめのお家でできる簡単エクササイズをご紹介します!

 

 

後悔しても遅い!? かなり高カロリーなお正月料理

shutterstock_502730086
source:https://www.shutterstock.com/

本来、おせちは前の年に作っておいて、正月に食べるための保存食という考え。

煮物系の料理が多いと思いますが、普段の煮物よりも味付けが濃い目になっています。塩分や糖分が多く含まれていて、中でも多くの女性が大好きな“栗きんとん”“黒豆”は食べ過ぎに注意したいものなのです。

黒豆なんて小さいものなので、どんどん箸が進んでしまい気付けば全部食べていたなんてこともあるかもしれません。

栗きんとんは2粒でだいたい170キロカロリー、そして6粒ならなんと500キロカロリー超え……!!

義両親の家で用意されたものなどの場合、断りづらくつい食べ過ぎてしまったという方もいるかもしれませんが、知らず知らずの間に身体にはたくさんの脂肪が蓄えられていることを残念ながら自覚しなくてはいけません。

 

正月太りはこれで解消!簡単エクササイズ!

shutterstock_71832943
source:https://www.shutterstock.com/

食べ過ぎは絶対に消化器官が乱れてしまいますから、便秘を引き起こす人も多いはずです。

ですのでしっかり腸を動かしていくことが重要です。

この記事を読んで今後悔しているママに、自宅でできるおすすめの簡単エクササイズをご紹介します。

家で育児をしながら、TVを見ながらでもできますよ。

 

ポイントになるのは“腹横筋”と“腹斜筋”この2つを使うことで、腸にも刺激がいきますし理想の“クビレ”も戻ってくるはずです。

●腹横筋・・・お腹に手を当てて咳をした時にピクピク動く部分の筋肉

この筋肉を使うためにはお腹をへこませる動作がポイント。

座ってTVを見ながらでも良いのですが、姿勢だけは整えて始めましょう。

(1)(正座でも、あぐらでも良い)骨盤を立て背骨を伸ばしてみます

(2)両手で脇腹(おへその高さくらい)に手を添え、鼻から息を吸ってお腹を膨らませ、お腹で自分の手を押す気持ちで息を吸いきっていきます。

(3)吐くときには口をすぼめて「シュー」という息で音を出しながら、お腹をとても薄くするようにして最後まで息を搾り出して吐き切ります。

この吸って吐いてを5回、1日10セットを目標に行いましょう。

 

●腹斜筋・・・“ねじる”ことで使われる筋肉

腹横筋の時と同じく、姿勢を良くしてやれば座っていてもかまいません。

(1)タオルを準備して、肩幅にして持つ

(2)タオルを持った両手を頭の上にあげて、しっかり両腕を伸ばす

(3)呼吸を止めないようにしながら左右にねじる

この時に注意したいのは

・おへそからねじる

・目線を下げない(姿勢が悪くなるので)

ということです。

これを1分、1日5セットを目標におこないましょう。

腕を上にしっかり伸ばすことで、二の腕の引き締めにもつながります。

腹横筋・腹斜筋が使われてくると、排せつの際にとても楽になることが感じられると思いますし、立っている時に身体に芯があるように自然と姿勢がよくなるので、見た目も変わりますよ。

 

いかがでしたか?

年末から年始にかけては自分に甘くなりがちですが、仕事もスタートしたママが多いことと思いますので、意識してリセットしていきましょう。

腸を動かす動きを取り入れ、便秘を解消し、代謝も高めて脂肪を撃退し、旦那さんも喜ぶ美ボディを取り戻してくださいね!

 

【画像】
※ Kiselev Andrey Valerevich、norikko  / Shutterstock

【関連記事】

話し合いはムダだった!夫婦の問題を解決するカギは「妻の提案力」にあり

もしかして私かも…?「無駄遣いワーママ」のお金が貯まらないNG行動3つ

※ ウイルス・菌はいろんなところに潜んでいる![PR]

【著者略歴】

※ Yuno・・・ヨガ・アーユルヴェーダ・おむつなし育児アドバイザーの分野で活動。自身のスタジオWindhillを2015年港区白金台に設立し子連れのママヨガやマタニティヨガは大きな反響を集めています。また2015年に第一子を出産。自然な生活・自然な育児をモットーに、妊婦さんや産後のママのサポートに励んでおります。2016年秋からは認可外保育園で、アーユルヴェーダ食の献立を提供したり、おむつなし育児のサポートをし、子どもたちが自然に、また健康に育つための活動をしている。

レクタングル