ストレスが倍増するので絶対にやめた方がいい「NG節約」11個

source:https://www.shutterstock.com/

みなさんは節約をしていて、ストレスがたまることはありませんか? 我慢ばかりしていると、イライラしますよね。ひどい人は、給料日になると一気に気が緩んで、お金を使いすぎてしまうことも……。

お金は大事ですが、実はやめた方がいい節約もたくさんあるんです!

そこで今回、何度も節約に失敗して痛い思いをしている、ゲーム番組企画者・中野龍三さんから、絶対にNGな節約について教えていただきました。ドキッとしてしまった人は、気を付けてくださいね!

絶対にNGな節約術11!

1:食費節約のために同じものを食べ続ける

よく「お金がないから三食インスタントラーメン」という人がいるのですが、そんな生活を続けているとストレスがたまるだけでなく、栄養不足になってしまいます。

2:食費節約のためにスーパーをハシゴする

たった10円のために遠くのスーパーまで行くくらいなら、固定費を見直した方がずっと効果的です。

3:水道代節約のために食器を使わず食べる

ちゃんとした食器を使うだけで、おいしさは段違いです。タッパーや鍋のまま食べるのはやめましょう。

4:電気・水道代節約のために同じ服を着続ける

服の影響力は意外とバカにできません。土日くらいならいいのですが、連休に「どうせ外出しないから」と同じ服を着たままだと、気持ちがナーバスになりやすいです。

5:ガス・水道代節約のために入浴しない

汚い体でずっといることも、地味にネガティブ思考につながります。

6:電気代節約のために掃除機をかけない

掃除機を使わない掃除をきちんとしていれば問題ありません。しかし、ホコリだらけの部屋でいると、病気になりやすく、体が弱ると心もつられて衰弱してしまいやすいです。

7:電気代節約のために冷暖房を使わない

暑さを我慢すると熱中症につながり、寒さを我慢すると風邪につながります。

8:電気代節約のためにコンセントをこまめに抜く

外出時「あのコンセント抜いたっけ?」と思い出すイライラは、ジワジワと心を蝕みます。程々が一番です。

9:美容院代節約のために髪ボサボサでも我慢する

身だしなみに関するお金をケチると、鏡を見ることが嫌になりやすいので、精神衛生上オススメできません。

10:服代節約のために穴開き靴下を履き続ける

人前で靴を脱いだとき、恥ずかしくて死にたくなります。みっともないので、我慢しない方がいいです。

11:電気代節約のために冷蔵庫の設定温度を上げる

中野さんは、これを夏場にやって、ひどい目に遭っています。腐ったソーセージで食中毒になったそうです。こんなことしても、大して電気代の節約になりません。絶対にやめましょう。

いかがでしたか? どれも、「あ~やりたくない」と思うものばかりではありませんか? 中野さんは「我が身を削ってまでやる節約術はNG」と言います。

さらに、「お金には”使うところに使う、使わないところは使わない”というのがいいです。全てにおいて使わないという制限的思考自体が、ストレスにつながります。あまり”節約、節約!”とならず、“メリハリつけてお金を使う癖を付けること”を目指しましょう」とのこと。

過去に幾度となく失敗している人の意見は違いますね! ぜひ参考にしてみてください。

 

【取材協力】

※ 中野龍三・・・1976年、大阪府生まれ。東京都在住。仕事は主に、映像制作やTV番組企画など。現在、フリーランス。仕事など諸々の問い合わせは、公式サイト『中野龍三Web』内からどうぞ!

【画像】

※ Syda Productions / Shutterstock

【関連記事】

※ 冷蔵庫2大お悩み「雪崩れ・腐り」を解決!プロが教える100円グッズ活用法

※ 片付け苦手ママが「汚い部屋を綺麗にキープする」ためのヒント

※ 保育園のお迎えはギリギリ?気づけば「仕事依存症」の人の特徴

【記事作成】

※ It Mama・・・ママとしてはもちろん、“ひとりの女性”として輝き続けたいと願う、妊活&新米ママのための育児バイブルです。今までありそうでなかった、結婚しても出産しても“自分らしさ”を失いたくない女性のための情報を発信しま

レクタングル